交通事故後の治療費を保険会社から打ち切りたいと言われた時の対応は?

交通事故に遭い怪我をしてしまった場合、被害者は加害者側の加入している保険会社の負担で通院します。

しかし、保険会社が突然治療費の支払いを打ち切りたいと言ってくる場合があります。

そのような場合には被害者はどう対応すればいいのでしょうか?

保険会社が治療費を打ち切る理由

保険会社が治療費を打ち切ると、被害者は自費で治療費を支払わなければならなくなります。

しかし、保険会社の打ち切りによって被害者の治療費の請求権が消滅するわけではありません。

治療費を直接病院に支払うのか、被害者が支払った治療費について損害として賠償するのかは、あくまで保険会社が自由に選択できます。

保険会社は、当該事故による受傷に対して必要以上に長期間の治療を認めるわけにはいかないため、事故発生から一定の期間が経過した時点で一方的に治療費を打ち切るということがあります。

このような一方的な対応をしても、保険会社の対応が違法とされるわけではありません。

保険会社から治療費の打ち切りを通告された時の対応

保険会社から治療費の打ち切りを通行されたらまずは、これまで治療を受けてきた医師に相談をして、症状固定に達しているのかを確認しましょう。

医師も症状固定だという意見であれば、治療費の再開の交渉をすることは困難です。

しかし、医師がまだ症状固定ではなく通院したほうがよい、という意見であれば交渉してみることが可能になります。

医師から症状固定の判断があった場合、身体に痛みや傷跡が残っている、などの障害が残っている場合には、後遺障害の申請をしましょう。

後遺障害として等級が認定されることにより、後遺障害慰謝料を請求する事が可能となります。

保険会社から症状固定として治療費を打ち切ると通告されたら?

治療を受けていると、加害者側の保険会社から症状固定として治療費を打ち切ると通告されることがあります。

しかし、症状固定は医師が診断するものであるため、保険会社から治療費の支払い打ち切りの通告があったとしても、医師が治療継続の必要を認めていれば診断書等で証明してもらうことができ、保険会社に治療費の支払継続を要求することが可能です。

保険会社から治療費を打ち切られた場合でも、被害者が治療を終了する義務はないため、通院を続けましょう。

まとめ

治療費の打ち切りは、直ちに治療をやめなければならないということではありません。

多くの場合では、健康保険に切り替えて通院を継続していきます。

治療を続けて、完治または症状固定となるまでの治療費を損害賠償として請求できます。

治療中の保険会社からの治療費の打ち切りは妥当でない可能性もあります。

弁護士に治療打ち切りの対応を依頼する事で、自身で交渉を行うよりも保険会社からの治療費支払継続の可能性が高まります。

保険会社から治療費の打ち切りを打診された場合に少しでも疑問点がある場合には、弁護士に一度相談することをおすすめします。

公開日: